自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

日課のジョギングさえもドラマチック!インスタグラムにあふれる意識高い系ランナー達に思うこと

 

f:id:no-self-enlightenment:20180622182132j:plain

こんにちは、この前たまたまのぞいたインスタグラムで「どこかのスポーツブランドの宣材写真ですか?」と聞きたくなるほどカッコつけたド素人の写真を見てびっくりしたおじさんです。いやいや、どこにでもいるんですね、自己啓発好きの意識高い系って。

 

 

 

ただのジョギングがなんだかとてもドラマチック

言ってみれば、たかが毎日の日課のジョギングですよ?それを毎回、モーレツにカッコつけたポーズとアングルで撮影した写真とともにインスタグラムにアップしているわけでね、見ているこっちが恥ずかしくなるようなポエムまで添えられているケースも。

 

スタンドを使ってまでこだわる自撮りアングル

意識高い系ランナーの投稿を見ていると、なんだか意味もなくジャンプしている人や、全力疾走風の自分とか、靴を脱いでポーズ撮ってる人とか、もう、本当に良くこんな恥ずかしいこと思いつくなと変な感心をしてしまうレベルの写真が何枚もアップされている。どうやって撮影しているのかと知人に聞いたところ、どうやら折りたたみできるスマホスタンドを持ち歩いているようだ。そのマメさは評価するがジョギングをしているのか、ジョギング風の撮影をしに行っているのか・・・・後者なんだろうな(笑)

 

 

 

意識高い系ランナーのつながりがスゴイ

なんだか、意識高い系ランナーってSNSでつながりやすいみたいで、一人見つけると、芋づる式にどんどん見つかるから面白い。コメント欄でお互いを励まし合ったりしている仲間と一緒にジョギングしたりするんだけど、やっぱりここでも無駄にテンションの高い集合写真とともに「つながりに感謝!」とか「出会いに感謝!」とかお決まりのセリフの登場となる。

 

まとめ

彼らは正直なところランニング自体はどうでもいいのだろう。オシャレなウェアを着て、SNSで知り合った仲間とピクニック気分のジョギングに出掛け、毎日が充実してる自分をSNSで発信するための手段がたまたまランニングなのだと思う。実際、私の知り合いにもランニングをしている人は大勢いるが、ほとんどが真面目にランニングに取り組んでいる人達なので、誰一人としてインスタグラムに毎日の練習なんかアップしていない。アップするとすれば大会などで結果が出た時くらいではないだろうか。まぁ、結果を出さずに盛り上がるのも意識高い系の特徴だしね、これからもたまにのぞいて大笑いさせてもらうことにする。頑張れ、意識高い系ランナー!

 

「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書)

「意識高い系」という病~ソーシャル時代にはびこるバカヤロー (ベスト新書)

 
成功法則を実践しても何一つ変わりませんでした: 「意識高い系」とバカにされずに正しく自己啓発する方法 (タイガー新書)