自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

自宅での喫煙が制限される小池新党の公約は「努力義務」になる模様

 

f:id:no-self-enlightenment:20170526152954j:plain

小池新党「都民ファーストの会」が発表した選挙公約「子供を受動喫煙から守る条例」が、にわかにネットをざわつかせているのをご存知だろうか。

www.asahi.com

 

 

自宅や自家用車内などの喫煙を制限

朝日新聞によると「子供を受動喫煙から守る条例」は子どもがいる自宅や自家用車内も適用範囲に含まれているとのことで、子どもがいる家庭では自分の家でタバコを吸っただけで罰せられるというものだ。

 

私的空間を条例で規制することに覚える違和感

今回はタバコが規制の対象だから賛成する人も多いのかもしれないが、私はこの公約を聞いた時、タバコの問題よりも自宅や自家用車内のような私的空間まで条例で規制されることに違和感を覚えずにはいられなかった。なぜならば、こんな条例がまかり通るようになると、今後プライベート空間にどんどん条例が入り込む恐れがあるからだ。

そんな不安を感じつつ朝日新聞の記事を読み進めると・・・

同会は今後、詳細な内容を詰める。この日、記者会見した同会政策顧問の弁護士は「家の中については努力義務規定を設ける形になる」と見通しを説明。同会特別顧問の小池氏は「『個人の家に手を突っ込まないで』と思われるかもしれないが、(家や車の中での喫煙は)子どもの健康によい方向ではない」と話した。

ということで、仮に小池新党の公約が実行された場合でも、自宅については罰則のない努力義務という形になるようで、私の様な心配をしていた人もまずは一安心というところだろう。

 

まとめ

私の友人知人にも父親が喫煙者という家庭がかなりあるが、そのほとんどは父親がベランダで吸うか、電子タバコに変えるなど、自主的に対策をしているのが現状だ。というか、タバコが体に悪いって話題が出るたびに思うけど、そんなに規制増やすんだったら販売するの辞めたらいいじゃない。国で売っておいて国の機関が吸っちゃダメって、やっぱ矛盾しすぎじゃないのかなぁ。厚労省も文句があるなら財務省に言えばいいのにって思っているのは私だけではないはずだ。