自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

2017年モデルのコロナ窓用エアコンCW-1617/1817は旧モデルとどこが違うのか?

 

f:id:no-self-enlightenment:20170518122045j:plain

今年も元気に稼働を開始した我が家の窓用エアコン「コロナCW-1616-WS」おかげさまで非常に快適な毎日を送っておりますが、ふとコロナのHPを覗いてみると、なんと型番が1616から1617になっている・・・つまり新型が発表されていたのです。2016年モデルを持っている私としては気になるわけで、どこが違うのか早速調べてみましたよ。

 

 

コロナウインドエアコンは2種類

f:id:no-self-enlightenment:20170518133754j:plain

と、その前にコロナウインドエアコンについて少々ご説明。コロナのHPを見ると、業務用、家電量販店、一般ルート・ホームセンター向けで型番が4種類ありますが、基本的には同じものと思ってOKで、私達が購入できるのは一般ルート・ホームセンター向けのCW-1617(冷房専用)とCW-1817(冷房専用)の2種類。この2機種の違いは出力で、CW-1817の方が出力も高く、より広い場所を冷やすことが出来るようです。

 

2016年モデルと2017年モデルの仕様比較

f:id:no-self-enlightenment:20170518180044j:plain

違いを理解するために早速、2016年モデルと2017年モデルの両方の仕様を比較してみました。

 

▼2016年モデル仕様一覧

f:id:no-self-enlightenment:20170518123457j:plain

▼2017年モデル仕様一覧

f:id:no-self-enlightenment:20170518123601j:plain

あれ、違うところが一箇所もない(笑)

そうなんです、実は型番が新しくなっただけで、本体は何も変わっていなかったのです!

 

まとめ

2016年モデルを使う私としては、今季モデルで大幅バージョンアップしていたら非常に複雑な気持ちになるところでしたが、とりあえずそれはないようで一安心(笑)昨年の夏はリビングのエアコンが壊れ、サブのつもりで買った窓用エアコンでリビングも冷やすというトラブルがありましたが、今年は早い時期にリビングのエアコンを新調したので安心して夏を迎えられます。

 

おまけ

昨年コロナCW-1616を購入してから使った感想などは下記の記事で読めますので、今年ウインドエアコンの購入をご検討されてる方はぜひご参照下さい。