読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

便利屋スタッフを使ってまでfacebookに盛った写真をアップする悲しすぎる価値観

 

f:id:no-self-enlightenment:20170214182403j:plain

読み終えた後なんとも悲しい気持ちになった時事トッドコム「便利屋」のニュース。それは自分の誕生日を祝う友人役を頼んだり、女子会の参加者(友人役)を便利屋に依頼しているという内容だった。

www.jiji.com

 

たくさんの友人に祝ってもらう華やかな自分の演出

 20代後半の女性会社員は、SNSに掲載するため、自分の誕生日を祝う写真に一緒に写る女性スタッフを要請。

常に友達も多く、華やかな毎日を送っている的な投稿をしている自分がまさか誕生日に誰にもお祝いしてもらっていないなんてバレたら恥ずかしい・・・そんな心理でも働いたのだろうか。だからと言って便利屋にサクラまで頼んで撮った写真をSNSにアップするなんて私には到底理解できないが、まぁ、多分そんな感じなのだろう。

 

 

別の20代女性会社員は、女子会を開きSNSにアップするためスタッフ3人を依頼してきた。アップする写真のため10回近く繰り返し利用する人もいるといい、安倍さんは「必要以上に周囲に良く見られたいと思う人が増えている」と語る。

 

これも基本的には誕生日の例と同じで、もともと友人が少ないのにもかかわらず「たくさんの友人と女子会をした」という絵がほしかったのだろう。10回以上繰り返し利用している人がいるというが、もし本当ならもう詐欺師に限りなく近いと言ってもいいレベルではないか。

 

以前、私は「 facebookで他人の行動を見る無意味さとアナタに与える悪影響」というブログ記事を書いているが、誕生日の件と女子会の件は記事中の「充実した自分をアピールしている人」の例にまさに当てはまる。

1.充実した自分をアピールしている人

これ、本当に多いです。この人いつ仕事してるんだろうってくらい、いつもどこかで誰かとランチとかミーティングとか、セミナーとか様々なイベントに参加して集合写真とかアップしてる人。「今日も熱い1日でした!」とか「多くの学びを頂きました、感謝!」などのコメントが定番。あ、あと新規プロジェクトの打ち合わせ系も良く見かけるネタ。どんだけプロジェクト抱えてるんだよアンタ!とツッコまざるをえないレベルで頻繁にアップする人もいる。

そもそも、こんな投稿なんてかまわなければ良いのだけれど、なぜか充実アピール投稿を見ているうちに「根拠のない劣等感」を感じるようになってしまうようで、みんなが充実した毎日を送っているのに自分だけ寂しい毎日を送っているなんて思ってしまうから始末が悪い。

 

その後は人によく見られたいという心理が働いてしまい、結果としてSNSに詐欺まがいの投稿をアップするのだろうが、一度ついたウソのためにこれからも一生懸命ウソをつき続けなければならないわけで。そんなことに使う時間とお金があるなら自分磨きにでも使えばいいのにと思わずにはいられない。

 

さいごに

女子会に便利屋スタッフを頼もうが、誕生日にサクラを呼ぼうが正直私の知ったことではないが、そんな彼らに最後に一言だけ・・・

「本当に毎日が充実している人はfacebookなどやらないよ、まじで」