自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

思いつきだけで行動する経営者が失敗しても懲りない理由

 

f:id:no-self-enlightenment:20170124115713j:plain

先日、ある同業の経営者から連絡があった。会社のことで相談があるとのことだったが、自分の仕事で手一杯だから力にはなれない旨を伝え丁重にお断りした。しかし、断った本当の理由は別にある。

 

 

過去に何度も繰り返していた「思いつき」

実は彼から相談されるのはこれが初めてではない。過去、彼が何かを思いつく度に相談されている。いや、自分の思いつきならまだ良いのだが殆どの場合、セミナーで聞いた話をそのまま自分のアイディアのように話し出す始末なのだ。

 

すぐに影響をウケるが何をやっても続かない

例えば「これからはEC(電子商取引)の時代」的な内容のセミナーを聞いた彼は、すぐに影響を受け、既にEC主体で会社を運営していた私に「うちもネットショップやりたい」と相談をもちかけた。そして彼の強い要望によりWEBショップをオープンさせるまでという約束でコンサル契約を結ぶことになるのだが、これが悪夢の始まりだった。 

 

理想は語るが、全く行動しない

とにかく彼は行動しない。常に理想ばかりを語るのだが、目の前のひとつひとつの課題をクリアできない・・・いや、クリアしようとしないという方が正しいだろうか。何かあれば「あの人に聞いたらわかるかな」というのが口癖で何かわからないことがあっても、とにかく自分で調べようとしないのだ。自分で調べないから覚えない、覚えないからまた人に聞くを繰り返す行動しない人の典型とも言える人だったのだ。 

 

コンサル契約解除、WEBショップ計画はフェードアウト

その後1年以上引っ張り続けたが、結局WEBショップは構築さえできず、立ち上げたブログも全く更新されず、WEBショップのために開設したHPだけが残った。しかしそのHPもWEB業者に完全に丸投げで製作したため、その後、全く更新されずじまいの有様。もう無理だと判断した私はコンサル契約を解除し、そのままフェードアウトとなった。

 

思いつきだけで行動する経営者が懲りない理由

このWEBショップの例は、ほんの1例で彼の思いつき行動はこれ以外にも数え切れないくらいある。その度に同じような流れで思いつきはフェードアウトしていくのだが、懲りずに思いつき行動を繰り返してしまう最大の理由は彼が「小金持ち」であることに尽きる。親が金持ちであることと、親のコネで何の苦労もなく立ち上げた会社で何の苦労もなく儲けてきたため、ある程度の財産を持っているのだ。

 

 

 小金持ちは「失敗しちゃった〜」で許される

もし私のような資金のない経営者が会社の新たな展開を考え、行動する場合、ある程度の勝算が見込めることはもちろん、始めたからには軌道に乗るまでひたすら努力しつづけるだろう。なぜならば損失を出してしまえば「失敗しちゃった〜」ではすまないからだ。しかし、彼のような小金持ちは思いつきで行動しても「失敗しちゃった〜」で許されてしまう。例えるならばOLがバーゲンでいらないものを買い過ぎてしまったくらいの話なのである。

 

 さいごに

念のために申し上げると、私の経験上、始末に悪いのはあくまでも小金持ちであって、大金持ちなら何か新しいことを始めようとした時にそれなりのブレーンを集めることも動かすことも出来るので成功確率も上がるように感じられる。そんなことを考えると彼との関わりの中で「小金持ち」が、がなかなか「大金持ち」になれないは理由が見えてきたことだけが私にとって、せめてもの救いだったのかもしれない。