読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

【速報】自動操縦ドローンLilyまさかの破綻で開発中止、会社は解散へ!

ドローン Lily

 

f:id:no-self-enlightenment:20170112182958j:plain

空飛ぶ自撮りカメラとして2015年5月の予約受付開始から40億円あまりの予約を獲得して話題になった自動操縦ドローン「Lily(リリィ)」の開発企業から今日「The End of our Journey」というタイトルのメールが届いた。恐る恐る開いてみると、それはまさかのLily開発中止のお知らせだった。

f:id:no-self-enlightenment:20170112180659j:plain

 

 

Google翻訳によるメール本文の和訳

冒険は終わりに来る
 
親愛なるリリーコミュニティ、

アントワーヌとヘンリーはリリーチームのメンバーです。リリーが3年以上前に飛ぶカメラを作る旅に出発したとき、私たちはあなたの期待を超える製品を開発して提供することに決めました。

昨年、ユリ家族は多くの浮き沈みを経験しました。私たちは、製品の品質が着実に向上したことに喜んでおり、ベータプログラムから大きな反響をいただいています。それと同時に、私たちは絶えず減っていく資金の時計に抗して競争してきました。過去数ヶ月にわたり、私たちは製造ラインのロックを解除し、最初のユニットを出荷するために資金調達を試みましたが、これを行うことはできませんでした。その結果、私たちは、会社を解散し、顧客に払い戻しを提供する予定であることを深く嘆いています(以下の詳細)。

この間に私たちに固執し、私たちを信じてくれてありがとう。私たちのコミュニティは、状況がますます困難になったときでさえも、私たちを続けさせた原動力でした。私たちのフォーラムやあなたの電子メールを通じてあなたの励ましの言葉は、私たちが戦い続けるために必要とした希望とエネルギーを与えました。

私たちが署名する前に、私たちと提携し、私たちに投資した、リリーで働いたすべての人々に感謝したいと思います。すばらしい製品を提供するために、すべて、夜間、週末および休日を提供してくれてありがとう。

大変な努力の結果、この冒険が終わるのを見て悲しいです。私たちは非常に残念であり、あなたの飛行カメラを提供することができないことに失望しており、プレオーダー顧客としてのあなたのサポートに非常に感謝しています。私たちのビジョンを信じて、これまでのところこれを得る機会を与えてくれてありがとう。私たちの貢献が、私たちの業界のエキサイティングな未来への道を開くのに役立つことを願っています。

敬具、
アントワーヌとヘンリー
ユリの創始者

 和訳を読む限り、開発に時間がかかったためクラウドファンディングで集めた開発資金が底をつき、やっとこぎつけた出荷時に新たな資金を調達することができなかったということらしい。

 

 

予約出資者へ今後60日間で払い戻し

また、本文の最後に払い戻しについての記述があった。

払い戻しの詳細:
リリーは今後60日間に顧客に払い戻しを提供する予定です。元の取引に使用された支払いカードへの払い戻しを開始します(お客様の措置は必要ありません;払い戻しが明細書に表示されるまでに14日を要します)。

使用したカードの有効期限が切れている場合は、このフォームに記入して、他の手段(PayPalや小切手など)で払い戻しを行うことができます。

 

現時点で公式サイトに発表はない

このメールを読んだあと、すぐに公式サイトにアクセスしてみたが、特に開発中止や会社解散等のお知らせは見当たらない。ググってみてもそれらしいニュースもないので、今わかっている情報はこのメールに書いてあることが全てとなる。よってLilyの開発中止や会社の解散が本当かどうかは未だ信じがたいというのが正直なところだ。時間が経てば、ニュース配信があるのだろうか・・・・。

 

Lily Camera 公式サイト

www.lily.camera

自動操縦ドローンLily関連のブログ記事