読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

使ってわかった!クルマ買取り無料一括査定のメリットとデメリット

 

先日、車買取の無料一括査定サービスを利用した。実は50歳が目前に迫る現在まで私は不要なクルマはほとんど下取りに出していたので、無料一括査定を利用するのは人生初となる。そこで今回はクルマ売却ビギナーの私が実際に体験したメリットとデメリットをぜひ皆さんにご紹介したい。

f:id:no-self-enlightenment:20170110122332j:plain

 

 

無料一括査定申込みの翌朝7時に携帯が鳴る

無料一括査定を申し込むと、査定業者からじゃんじゃん電話がかかってくるという噂を聞いていたので、申し込み時に「メール連絡のみ希望」と記載しておいたのだが、そんな私の希望も虚しく翌朝の7時に私の携帯がなった。電話をかけてきたのはもちろん無料査定を申し込んだ8社のうちの1社からである。

 

思わずイラッとする朝から異常に高いテンション

電話に出るとメール連絡のみ希望の私にいきなり電話をしたことに対する詫びの一言もなく、朝からイラッとするほどの高いテンションで「探していた一台です!ぜひとも査定させて下さい!8時半頃はいかかでしょう!」と、一方的に話を進める彼。さすがに唐突過ぎるので10時にしてくれと伝えると希望額を聞かれ電話を切った。

 

すぐに店舗から断りの電話がくる謎

テンションの高い一方的な電話が終わりイラッとしていると、すぐにまた電話がなる。出てみるとまた同じ業者の違う担当からだったのだが、「ご希望の価格は無理です」という事実上の査定おことわりの電話だった。早朝から繰り広げられた勝手に盛り上がって勝手に断るマスターベーション的な行為に軽くキレた私は「じゃあ、もういい」と告げ電話を切った。

 

その他の業者の対応と査定結果

その後、1社から同様の電話があり出張査定を行ったが、それ以外の業者は私の希望通り、全てメールで買い取り価格の連絡をくれた。以下に無料一括査定全8社の対応をまとめた。

  • A社 翌朝7時に電話あり 8時半にアポ希望 その後担当からNGの電話
  • B社 翌日10時頃に丁寧な電話 私の希望通りの時刻に出張査定 査定価格 145万円
  • C社 翌日の午後 メールで相場回答あり 110万〜140万円
  • D社 翌日の午後 メールで相場回答あり 120万〜140万円 
  • E社 翌日の午後 メールで相場回答あり 110万〜140万円
  • F社  翌日の午後 メールで相場回答あり 110万〜140万円
  • G社 翌日の夜 メールで相場回答あり 140万〜160万円
  • H社 翌日の夜 メールで相場回答あり 140万〜150万円

【参考】ディーラー買い取り価格135万円

買い取り価格の回答ではG社が圧倒的に高く一番安いC社に比べると最高価格でなんと20万円の差がある。噂には聞いていたが、業者間の買い取り価格の差に改めて驚く結果となった。

 

無料一括査定のメリットとデメリット

今回の私のケースではディーラーの買い取りと比較すると最大で25万円アップすることからもわかる通り、無料一括査定のメリットは何と言ってもディーラーの下取りや買い取りよりも高く売れることだ。またデメリットはメール連絡を希望しているにも関わらず、早朝から一方的な高テンションの電話がかかってくること。また強引に出張査定をしようとすることに尽きる。

 

あとがき

既にお気づきだと思うが、安く買い取りたい業者ほど、すぐに電話をしてくる傾向があり、回答が遅い業者程、高い相場を提示する傾向がある。 仮に私が資金力や販売力のない買い取り業者だったら他の業者が高値をつける前に安く仕入れたいと考えるだろう。そのようなことを踏まえると、無料一括査定に申し込んだ場合は、最初に即決ぜずにせめて全ての業者の買取価格の提示は待つべきではないだろうか。このブログ記事が買取査定を行う方の参考になれば幸いだ。