読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

三菱からデリカD:5補償のご案内到着、申請手続きは12月下旬頃

三菱自動車 燃費偽装 不正 賠償

 

f:id:no-self-enlightenment:20161101085638j:plain

以前のブログで私の愛車「デリカD:5」が燃費不正で補償対象になったことをお伝えしたが、昨日、メーカーから正式に「現行販売車の新燃費値申請に伴う補償等に関するご案内」が届いた。

 

▼以前のブログ記事はこちら▼


 

12月下旬頃を目処に改めて申請手続きを案内される模様

f:id:no-self-enlightenment:20161101090238j:plain

事前にディーラーから連絡を受けていたので、今回の案内はそれとほとんど重複する内容だったが、追加情報として12月下旬頃に補償申請の手続きについて改めて連絡するという時期についての明記があった。

 

デリカD:5クリーンディーゼルの燃費は13.0km/Lに変更

f:id:no-self-enlightenment:20161101091501j:plain

そもそも今回の補償は国土交通省による試験でカタログ記載の燃費値を下回ったことによるものなのだが、デリカD:5 4WDクリーンディーゼルは13.6km/Lだった燃費がこの騒動で13.0km/Lに修正された。たった0.6kmととるか、0.6kmも違うととるかはその人次第だが、私は正直どうでもいい違いだと感じているし、それよりもう燃費競争は終わりにしてほしいという気持ちの方が強い。

 

さいごに

とはいうものの、メーカーの落ち度が原因で正式に不正を認め謝罪し、自ら補償を行うのなら、なぜ全く落ち度のないオーナーの私達が自ら申請などというアクションを起こさなくてはならないのか。こちらから頼んだわけでもないのに、どうもそこが腑に落ちない。クルマ自体には魅力があるだけにメーカーのちぐはぐな対応が本当に残念ならないと感じているのは私だけではないはずだ。今後のゴーン新会長の手腕に大いに期待したい。