自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

JT電子タバコPloomTECH(プルームテック)がクルマ運転時に最適な3つの理由

 

 

f:id:no-self-enlightenment:20160302135732j:plain

大人気で相変わらずの品薄が続く電子タバコiQOS(アイコス)とPloom TECH(プルームテック)。幸いにも両方を手に入れることができた私はしばらくの間併用しているが、最近プルームテックをクルマ専用のタバコにしたところ非常に快適に過ごしている。そこで今日はプルームテックがクルマ運転時に最適な理由をアイコスと比較してわかりやすくお伝えしたい。

 

プルームテックがクルマに最適な理由①

「吸う度にタバコを差し込む必要がない」

f:id:no-self-enlightenment:20160328133255j:plain

iQOSはタバコを吸いたくなるとケースからタバコ(ヒートスティック)を1本取り出し、さらにiQOSバッテリーケースからホルダーを取り出し、ヒートスティックを差し込む必要がある。運転中にこの一連の作業をすることは意外に大変で、つい手元ばかりを見てしまい、前方不注意になることも。 しかしプルームテックならケースから出せばすぐに吸えて、後始末の必要もない。吸いたい時にすぐに吸えて、終わりたい時にいつでも終われるから、タバコを気にせず運転に集中できるのだ。

 

プルームテックがクルマに最適な理由②

「吸い殻が出ない」

f:id:no-self-enlightenment:20160317121257j:plain

アイコスは1本吸うたびに吸い殻を処理する必要があるが、プルームテックは先端にタバコカプセルを取り付けた後、50パフ分吸い続けることができるから相当なロングドライブ出ないかぎり、ほとんど吸い殻が出ない。仮に50パフ吸い終わってカプセルを交換する必要があってもアイコスのようにすぐに吸い殻の処理をする必要はないので、運転中に慌ててしまうこともない。

 

 

 

プルームテックがクルマに最適な理由③

「ほとんど臭いがしない」

f:id:no-self-enlightenment:20160713101254j:plain

アイコスは、プルームテックに比べタバコに近い味がする分、臭いもそれなりにある。気になるほどのものではないが長時間のドライブでタバコの臭いが気になる同乗者がいる場合はそれなりに配慮が必要になるだろう。しかしほとんど臭いのしないプルームテックならそんな心配は無用だ。ガンガン吸い続けていても誰にも迷惑をかけることはない。

 

おまけ

f:id:no-self-enlightenment:20160713101903j:plain

プルームテックのバッテリーを2本持っているので必要があれば予備として1本をシガレットのUSBアダプタで充電している。これでいつバッテリーが切れてもすぐに交換できるから、突然吸えなくなるようなこともない。

 

まとめ

プルームテックがクルマ運転時に最適な3つの理由をお話ししたが、その一方で私は自宅ではアイコスを愛用している。「どちらか1種類にすれば良いじゃないか」という声が聞こえてきそうだが、ながらタバコは「プルームテック」リラックスしたい時は「アイコス」そんな使い分けが今の私には心地よく感じている。これから電子タバコの購入をお考えの方の参考になれば幸いです。