読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

懇親会で講師とのツーショット撮影を有料で行う自己啓発セミナーに吐き気がした話

 

 

f:id:no-self-enlightenment:20160404181406j:plain

先日、ネットで久しぶりにすごい自己啓発セミナーを見かけた。なんと、高額な料金を支払ったものだけがセミナー後に女性講師とツーショット写真が撮れる特典が用意されるというバカバカしいものだ。最近あまり見かけなくなった・・・というより私がその界隈の人達と接点を断ったからかもしれないが、まだこんなやつがいたんだと懐かしささえ感じてしまうほどのベタベタの自己啓発セミナーだ。

 

講師3人で一般席8,000円、プラチナ席はなんと48,000円

f:id:no-self-enlightenment:20160404181453j:plain

セミナーの内容は自己啓発系の定番である「あなたは無限の可能性がある」「夢が実現しないのは自分が行動しないから」みたいなやつで、立派な講師が叱咤激励を飛ばし、自分の経験を話し感動させるパターンのようだけど、一般席が8,000円プラチナ席が48,000円ってどういうこと?ってかプラチナ席って何?もうね、料金に段階がある時点で胡散臭いニオイがプンプンする。

 

講師はパーソナル企業コンサルタントとその弟子たち

本当は実名を出したいところだけど、もうそっち系の人とは関わりたくないのであえて伏せてお話するが、どうやらメインを務める女性講師(コンサルタント)がまるで女優かアイドルのような扱いになっていて、プラチナ席の料金を支払うと・・・・

◆ プラチナ席 【満席】9席

特典① セミナー最前列席の確保

特典② ◯◯◯◯のサイン入り書籍

特典③ ◯◯◯◯と2ショット撮影

特典④ VIP交流会(懇親会)への無料参加

特典⑤ VIP交流会で◯◯◯◯に近い席

特典⑥ ◯◯◯◯から直接ケツバット

特典⑦ スペシャルお土産進呈

 

48000円 (当日60000円)

45000円 〔早期割引〕

 

(懇親会の料金も含まれております)

 
なにこれ?自己啓発と全く関係なくない?

ってか、交流会で近い席とか何言っちゃんってんの?

で、その下のゴールド席を申し込むと、特典が減るようで・・・

◆ ゴールド席 【残2席】27席

特典① セミナー2列目4列目の確保

特典② ◯◯◯◯のサイン入り書籍

特典③ ◯◯◯◯と2ショット撮影

特典④ VIP交流会(懇親会)への無料参加
 

 38000 (当日40000円) 

 35000 〔早期割引〕
 

(懇親会の料金も含まれております)

 

 こんな感じ。プラチナ席は既に満席になっていたから、まぁ集客としてはこちらが本命なのでしょう。しかしイマドキ「VIP」ってね、与沢翼でも使わないでしょう・・・たぶん。

 

 

著書はあるもののコンサルタントとしての実績は不明

ちなみにこの方、もしかしたらスゴイ実績をお持ちの有名コンサルタントなのかもしれないと思い、ネット検索してみたけれど、有名大学を卒業後、コンサルティング会社に勤めていたというだけで、特に具体的な実績は公表されていない。それよりも、エリートだった自分が一度挫折してどん底を経験し、見事復活したということばかりを強調していて、インチキ系でお馴染みの「ダメなオレでも社長になれた」みたいなことしか見えてこない。

 

このセミナーに行く人は確実に失敗する

例えば、夢があって起業したいと思っているけどなかなか一歩を踏み出せない・・という人がこのセミナーに行くとする。そしてこのセミナーに背中を押され起業したとする。しかしその人は間違いなくその後、経営に失敗するだろう。なぜなら他人にお金を払って背中を押してもらわなければ起業出来ない人だから。そんな人が自分の夢に向かって経営を続けていけるとは到底思えないし、そもそも、こんなセミナーにお金を払うくらいならそのお金を使って自分の起業の準備をするべきだし、セミナーや懇親会に出る時間も準備に使うべき。もう、アホとしか言いようがないもの。

  

起業に成功するための唯一の方法は自己啓発をやめること

とにもかくにも、久しぶりに気持ちの悪いセミナーを目撃して、昔を思い出して吐き気がしてきたところで私からこのセミナー参加者に一言。 成功したかったら今すぐ自己啓発をやめること。そして本当に自分が起業したいのかどうか、もう一度自問自答してみること。仮にあなたに夢があったとして、それは起業しなければ叶わないことなのか?他に方法はないのか?そのあたりから見直してみてはいかがだろうか。こんなセミナーに行くお金や時間があるうちが花ですぞ。