読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

【北海道新幹線開業】かつてこれほどツッコミどころ満載の新幹線があっただろうか?!

 

f:id:no-self-enlightenment:20160329122554j:plain

3月26日に開業した北海道新幹線。初日の乗車率が61%と予想通り盛り上がりに欠ける地味なスタートとなったようですが、これは誰もが予想していたことで、過去にこれほどツッコミどころ満載の新幹線があっただろうかと感心してしまうレベルである。

 

JR北海道の島田社長も予想していた当然の結果

待ちに待った(?)の北海道新幹線。初日の乗車率がたった61%、2日目は37%とさんざんな数字だが、もともとJR北海道は1日平均乗車率を20%台後半と想定してるそうで、昨年3月に開業した北陸新幹線の1日平均47%に比べ相当低い数値でありJR北海道も開業したところで、そんなに乗る人はいないと事前にわかっていたようだ。

www.sankeibiz.jp

gonyo.hatenablog.com

 

 世界で最も忙しい路線にも選ばれた羽田ー新千歳

新函館から東京まで最速4時間2分、日帰りも可能!などとPRする北海道新幹線だが、鼻で笑ってしまい突っ込む気さえ起きない。実は羽田発新千歳行きは座席数で世界一に輝いたこともある航空会社のドル箱路線なのだ。その世界一座席数があり空港間なら1時間30分以内で移動できる区間をわざわざ4時間以上かけて新幹線で移動する必要性など私には全く思いつかないし、思いつく人がいるなら教えてほしい。

flyteam.jp

 

新函館駅(北斗市)から旭山動物園までの移動に6時間 

誰がなんと言おうと観光が主力産業である北海道。最近はインバウンド効果もあり盛り上がりを見せているが、北海道はでっかいどうなんてダジャレがあるくらいだから本当に広い。ちなみに新幹線駅のある北斗市から札幌まではクルマで約4時間もかかる。札幌から行動展示で全国的に有名になった旭山動物園まではクルマでおよそ2時間。つまり北斗駅から旭山動物園に行こうとするとクルマで6時間もかかるのだ。

 

北海道内(札幌ー帯広間)を先に開業すべきだった

北海道に行ったことのある人ならおわかりだろうが、広大な土地が魅力であるがゆえの長い移動距離が道内観光の最大のネックであり、そんな道内の移動にこそ新幹線が必要だと誰もが考えているはずだ。九州新幹線がそうであったように、まずは道内で開業して主要都市を結び、その後に青森と結ぶというのが正しい順序で、誰がどう考えても今回の開業は順序が逆としか言いようがないのである。

 

北海道新幹線は誰のためのもの

ただでさえ弱体化しているJR北海道の赤字を確実に増やす北海道新幹線。一体、誰のためのものなのか。あえて利用客の少ない青森ー新函館間から開業したあたりに大人の事情が見え隠れするような気がするのは私だけではないはずだ。

matome.naver.jp

 

さいごに

開業順序や工期の長さなど突っ込みどころ満載で、不要論が根強い北海道新幹線だが、私は広大な土地を持つ北海道だからこそ、高速鉄道は必要だと考えている。今回、開業した函館をはじめ、海外からの移住者や観光客の多いニセコや世界遺産に登録された知床など、北海道ならではの魅力を持つ観光地が高速鉄道で結ばれれば北海道のGDPをも押し上げる経済効果も期待できるはずだ。開業した今も、そしてこれからも本州とつながることは北海道新幹線、本来の存在意義ではない。まずは今後の札幌延伸工事が1日でも早く進むことを祈るばかりである。