自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

卒業式で泣く理由がアラフィフの今もわからない私は異常なのか

 

f:id:no-self-enlightenment:20160319162106j:plain

今週のお題が「卒業」ってことだが、私はアラフィフになった今でも卒業式で無く理由がわからない。いやね、先生や親が泣くのはなんとなくわかるんですよ。入学時に頼りなかった我が子がとても立派になったとか、辛いこともあったけど親子で乗り越えたとか、そんなことを思い出して感慨に浸ることもあると思うし。でもね、卒業する本人が泣くのは未だに理解できないんだな。

 

ちなみに私自身はもちろん卒業式で泣かなかった。と言っても別にさめていたわけではなく嬉しかったからワクワクして笑顔になっていたと思う。やっと次のステップに行けるんだ的なうれしさと、まだ知らない未来へ行けるワクワク感でいっぱい。

 

もしかしたら仲の良かった友達と離ればなれになるから泣いている人もいるのかもしれないけど、そんなの最初から決まっていたことだし、海外に行くわけでもないんだから会いたかったら、すぐに会えるしね。泣くようなことでもないんですよ、自分的には。

 

だけどね、本音を言うと・・・

本当は泣きたかった。

みんなで肩を組んで号泣したかった(笑)

いやいや、だってテレビドラマとかでも卒業式といえば感動と涙が付きものだしね。素敵な思い出になりそうだもの。

でもね・・・

やっぱり未だに泣く理由がわからないんだなぁ。

私は感情のどこかが欠落しているのかなぁ。

 

毎年、この時期になると自分の中で禅問答のように繰り返されるこの疑問、果たして解決される日はくるのだろうか。ま、はっきり言ってどっちでもいいんことなんだけど(笑)

 

というわけで、今日は誰の役にも立たない私のひとりごと的なブログ記事を最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。皆様、良い週末をお迎え下さいませ。