自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

【レビュー】PloomTECH(プルームテック)を3日間使ってみた感想とわかったこと

 

 

f:id:no-self-enlightenment:20160304100420j:plain

JTの火を使わないたばこ「PloomTECH(プルームテック)」が到着して3日が経った。レビューを書くには、まだ少々早い気がするが、とりあえずPloomTECH(プルームテック)を3日間使ってみて、わかったことや現時点での率直な感想などを報告したい。

 

最大の魅力は灰皿がいらないこと

f:id:no-self-enlightenment:20160304100537j:plain

PloomTECH(プルームテック)の何が良いと聞かれれば、それはなんといっても灰皿がいらないこと。たばこを吸う人ならわかると思うが、たばこが吸いたいと思った時、最初にすることは灰皿の有無の確認だ。しかしプルームテックはたばこカプセルを装着したままで灰も出ないし、吸い殻も出ない。

 

いつでも吸えて、いつでも吸い終わる

f:id:no-self-enlightenment:20160302134845j:plain

iQOSのような加熱のための待機時間などがないため、吸いたいと思った時にすぐに吸えるのがプルームテックの良いところだが、もうひとつ良いと思ったのは、いつでも吸い終わることが出来るということ。 たばこは基本的に一度吸い始めると1本を吸い終わるまでたばこに拘束されることになる。火をつけたたばこを持ってウロウロ出来ないし、かといって吸い始めたばかりのたばこを捨てるのももったいない。しかしプルームテックなら終わりたい時に終わることができ、すぐに再開することもできる。つまり全くたばこに拘束されることがないのだ。

 

iQOSよりニオイが少なく、奥さんに好評

f:id:no-self-enlightenment:20160302133156j:plain

気になるニオイはうちの奥さんいわく、iQOSより少ないとのことで、吸い込んだ蒸気を顔に向けて吹きかけても大丈夫だと嬉しそうにしていた。家族がこんなに喜ぶと、iQOSはもちろん、もう普通の紙巻タバコには戻れない・・・ま、戻る気もないんだけどね。最初に「軽い」と感じたたばこの味についても、案の定、少しづつ慣れてきていて、今はグリーン(メンソール)が好きになってきた。

 

さいごに

f:id:no-self-enlightenment:20160302134044j:plain

あまりに便利で自由だから「吸い終わった」という気持ちの切り替えするために、あえて私は毎回ケースに戻すよう心がけている。逆に言えば、そうしない、ととめどなく吸ってしまう危険があると言えるのかも知れない。そのあたりに気をつけつつ、もう少し吸い続けてみることにする。また気がついたことがあればアップするので、皆さんお楽しみに。

 

【2017年2月6日追記】ついにJTが待望の全国販売を発表!まずは東京で6月から販売開始

no-self-enlightenment.hatenablog.com

 

【3/9追記】予想をはるかに上回る売れ行きでJTから一時販売を見合わせる 発表があったそうです。

 

 

 

あわせて読みたいPloomTECH(プルームテック)関連のブログ記事