自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

自己啓発本やビジネス書がいかに無意味かをまとめた長倉顕太氏の記事を読んだ感想

 

 

先日、たまたま見かけた記事「どれだけの人がわかっているのか・・・「すごい人」にはなれないという現実 | TABI LABO」を読んだ。著書PRのための寄稿だとは思うが、自己啓発本やビジネス書が意味のないものだということが、わかりやすくまとめられていたので、ぜひ紹介したい。

tabi-labo.com

 

世の中は1%の大成功者と99%の凡人たちで構成されている。

 まず、著者の長倉顕太氏は世の中は1%の大成功者と99%の凡人で構成されていることを前提としている。つまりほとんどの人が凡人であるということだ。これには私もほぼ同意見で、いわゆる「すごい人」を目指したところであまりの自分の出来なさを目の当たりにしてショックを受けるだけなのだ。

 

ビジネス書には聞き慣れたストーリーばかり

これはね、ビジネス本を何冊か読んだことがある人ならみんな知ってることだけど、本当に当たり前のことや同じようなことしか書かれていない。だけどついつい読んでしまうのはやはり苦労しつつ成功するサクセスストーリーを読んで、成功の疑似体験をしたいからなのだろう。確かに読んだ後しばらくは気持ちいいからね。

 

「他人の夢」を語る限り人生に変化は起こらない

 ここではかなり核心をついたことが書かれている。

「できる人はできる、できない人はできない」これが紛れもない、物事の真理であり、答えでもある。だからといって、短絡的に「あきらめろ」と言いたいのではない。誰かの生き方のマネをしたり、その幻想の中で生きたりするのではなく、自分独自の戦略や方法で、自分自身の成功をつかみ取れってことだ。

自己啓発にはまっていた頃の私は、この「できる人はできる、できない人はできない」がなかなか受け入れられなかった。自分が出来ない人だと思いたくなかったのだろう。学生時代に頑張れば出来ると教育されたことも原因のひとつだと考えらえるが、頑張っていないから出来ないという自己啓発特有の考え方に染まっていたことが一番大きかった気がする。

 

もともと自信がない人ほど「すごい人」に強く惹かれやすい

 これも痛いほどわかる。私は親にダメなやつだと言われ続けて育ったせいか、自分に本当に自信がなかった。だから成功者に憧れてしまったのだろう。今考えたら、もう自己啓発セミナーに簡単にハマっちゃうタイプだよね。で、長倉氏の言うように、まだ何もやっていないのに勝手に失望しちゃったりするんだ。

 

自己啓発や成功物語は結局、疑似体験でしかない

以前のブログ記事「経営者が成功者の講演が大好きな意外な理由とは 」でも書いたのだけど、経営者って自己啓発系のビジネス本や成功者の講演会が大好きな人が多い。

本当に何か目標があるなら、セミナーや講演会なんかに行く時間を目標のために使った方がどれだけ良いかって話だし、成功者の話なんて聞いたって何も得ることなんかない。得られるものと言えば成功の疑似体験くらいのものだ。まぁ、あくまで疑似体験だから自分にとって何のプラスにもなっていないんだけど。

 

まとめ

10年間で1000万部にも及ぶ自己啓発本やビジネス本を多く出版してきた長倉顕太氏が言っているのことなのでこの記事には非常に説得力があり、過去、自己啓発にハマっていた自分も思い当たることの多い内容でもあった。成功と一言で言っても人それぞれのスタイルや価値観があるのだから、人や本の真似ではない自分が幸せだと思える人生を大切に生きていきたいと、この記事を読んだ後、改めて強く感じることができた。ビジネス本や自己啓発書なんて読むヒマがあったら寝て体を休めた方がよっぽど自分の人生にプラスになる気がするよね。

超一流の二流をめざせ!

超一流の二流をめざせ!