読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

話題の「人間関係の断捨離」を私がオススメする理由

f:id:no-self-enlightenment:20151203234735j:plain

 人間関係を断舎離する人が増えているらしい

最近は人間関係の断捨離なんてことを言っている人をよく見かけるようになった。モノの断捨離と考え方はほぼ同じで「自分にメリットのない人や苦手な人との人間関係を断つ」ということらしい。

 

matome.naver.jp

 

 

 

自分で調べもせず、行動もせず何でも聞いてくる人

実は私も以前、人付き合いを見直したことがあったので「人間関係の断捨離」については共感する部分も多い。その時、自分にとってストレスになる人を考えてみたのだけど、イチバンきついと思ったのは、とにかく何でも聞いてくる人だった。いつも「ちょっと聞きたいんですけど〜」と電話してくるのだが、ちょっとググればすぐにわかることだったり、製造メーカーに聞けばいいことを私に聞いてきたりする。

 

 

やんわり釘をさしても全く効果はない

たまたま目に止まったガジェット通信の記事には、解決策としてこのように書いてある。

同じことを何度も聞いてきたら「この前教えたよね」と言ってやんわり釘をさせばいいのではないでしょうか。

getnews.jp

 

確かにやんわり釘をさして理解してくれれば良いのだけれど 、そもそもこういう人って聞いたことをすぐに忘れるし、同じことを何度も聞くことが相手に失礼だと思っていないから困るのだ。もちろん私も明るく「この前も教えたよね?」と対応していたが、それでも全く状況は変わらなかったし、かえってエスカレートしたくらいだ。

 

 

ビジネスをパクられて決断

そんな状況が続いた私がその「自分で調べない人」と関係を絶とうと決断したきっかけは、私のビジネスをパクったこと。何でも聞いてくる行為がエスカレートし、私が何年も掛かってやっと実現したビジネスモデルを堂々とパクった上に「やり方を教えて」と電話してきたのだ。空いた口が塞がらないとはまさにこのことで、その後は何を聞かれても「わからない」「知らない」と質問を突き返すことにした。

 

 

 

自分にメリットがないと判断すると去っていく

その後は何を聞いても答えてくれないことで「自分にメリットがない」と判断したのだろう。彼はピタッと連絡をしてこなくなった。そして私は連絡が来なくなってから「こんなもんだよな」という少し虚しい気持ちもあったものの、すぐに健康的な精神状態を取り戻した。多分、こういう人はまた私の代わりをどこかで見つけるのだろう。誰かに依存していないと不安なのだろうから。

 

 

さいごに

その後はこの人以外にも、手軽に知識を聞き出そうと都合の良い時だけ連絡して来る人やパーティーや講演会などの数合わせ要員として連絡してくる人、また愚痴を言いたいだけの人など、様々な人との関係を断つことになるのだけど、気がついたら「友達」がほとんどいなくなった。しかし今はそんな自分勝手な人達に振り回されることもなく自分のために時間を使えるようになって本当に毎日が充実している。常に人と会っていないと不安な人もいるので人それぞれだと思うけど、もしあながた人間関係にストレスを感じているなら一度、関係を断ってみることをオススメする。大事だと思っていた関係も断ってみると意外に「こんなものか」と思えて来ることもあるのだから。

 

50歳からラクになる 人生の断捨離

50歳からラクになる 人生の断捨離