読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

自己啓発とは何か?を調べていたら答えがニコニコ大百科にあった話

f:id:no-self-enlightenment:20151215084730j:plain

「自己啓発とは何か?」

私自身、わかっているようでわかっていない部分も多い。

で、自己啓発をWikipediaで調べるとこのように書いてある。

自己啓発(じこけいはつ)とは、自己をより高い段階へ上昇させようとすることである。「より高い能力」、「より大きい成功」、「より充実した生き方」、「より優れた人格」などの獲得を目指す。

自己啓発 - Wikipedia

 

ま、そういうことだよね。とは言うもののなんとなく納得がいかない。ちょっと抽象的すぎるかな・・・なんて思っていたら、本質をズバリとつく鋭い言葉を発見。しかもそれは、まさかのニコニコ大百科(笑)

dic.nicovideo.jp

 

いやいや、久しぶりの納得感。もう思わず画面の前で「そうそう!」と顔をぶんぶんタテに振ってしまって首が痛い。

自己啓発とは、自分だけは『あなたとは違うんです』と心の中で思い込み成功本読み漁り、高額なセミナーへ通ったりすることである。

と、思われがちであるが、本来自己啓発とは、自分自身を訓練することにより、より高いやより広く深い知識を得て、より良い人生を送ることを的とするものであり、それ自体に善悪はい。

 

久しぶりの納得感を味わったのはこの後。

断るを持って、自分の人生を進めば、起きていることはすべて正しい。

 

そうそう、これですよ、これ。

この言葉については文中で以下のように説明している。

「断るを持って、自分の人生を進めば、おきていることはすべて正しい」は 豊かな快適な人生を送るために、不要なことは「断る」ことで労と時間と費用を節約し、他人の意見に左右されずに「自分の(ための)人生を進めば」、その結果「おきていることはすべて正しい(自分が決めて選択した人生だから正しいと思わないとだめだよ)」という意味であり、これはある意味自己啓発すものの一つの姿である。

 

 

実はね、数年前に自分を変えようと、それまでの付き合いのほとんどを無くしたのだけど、それまでの私は「断れない人」だった。断らずにいつでも誰とでも付き合うことが良いことだと思っていたし、それが自分のビジネスにもつながると信じていたから。でもね、今はとにかく断っている。断ることがデフォルトで、自分が「行きたい」とか「やりたい」と、心から思った時だけ参加したり行動を起こす。そんな人生を送っていると、まさに「起きていることはすべて正しい」と思えてくるのだ。

 

もちろん、生き方は人それぞれだけど、最近はその人が今、どんな成長ステージにいるのかがとても大事な事だと考えるようになった。人生を歩む上で、30代で必要だった人脈が50代では必要がなくなることだってあるし、むしろそれが普通なのではないかとさえ思うから。仕事の仕方や環境なども同じことで、その人の成長ステージに合った生き方をできるかどうかが幸せになる大きな要因のひとつではないかと今は強く感じている。

 

ニコニコ大百科・・・恐るべし。