読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

【動画あり】自己啓発系の朝礼はなぜ異常にテンションが高いのかという素朴な疑問

自己啓発 自己啓発の話 自己啓発セミナーの話 コンサルタントの話 夢とか情熱の話 朝礼

f:id:no-self-enlightenment:20151209184436j:plain

自己啓発系の定番、「異常にテンションの高い朝礼」

「てっぺんの世界一の朝礼」とか「日創研の13の徳目朝礼」なんかが有名なんだけど、とにかくどちらも朝から異常にテンションが高い。

 



www.youtube.com

てっぺん桑名店本気の朝礼に参加してみた.wmv - YouTube

 

 

このテンションで朝礼をしているものだから、この後の営業中も、とにかくスタッフのテンションが高い。

世界一の朝礼 | 株式会社てっぺん|世界一の朝礼・独立道場・講演・セミナー

 

 

で、こちらが日創研の13の徳目朝礼の様子。

www.youtube.com

日創研姫路経営研究会 13の徳目朝礼デモ - YouTube

こちらもやはりめちゃめちゃテンションが高い・・・とういうより、もうここまで来ると小劇団の舞台なのかと思うレベル。

13の徳目、朝礼セット | 日本創造教育研究所(日創研)

 

で、ここで恒例の素朴な疑問。

なぜ、こんなにテンションが高いのだろう。

いや、自己啓発全てが悪いわけじゃないし、成長したいという気持ちも素晴らしいことだと思う。それに挨拶が大事とか、感謝の気持ちが大事とかも理解できるんだ。だけど、この異常に高いテンション、必要ですか?もし必要だとしてどういう理由で?

 

 

セミナー後の懇親会の異常なテンションで脱出を決意

実は私が自己啓発系から脱出しようと思うキッカケは、ある自己啓発系セミナー後に開かれた懇親会という名の2次会だった。セミナーでは相変わらずスター気取りのコンサルタントがお馴染みの目からウロコ系感動ネタを披露し、観客も相変わらず、号泣したり大笑いしたりしていたが、すでにその頃、こういったセミナーに不信感を頂いていた私は、まったく感動なしの冷静な状態で別会場で開かれる懇親会へと向かった。

 

 

目の前に広がる異常な世界

なんとなく気が進まず、少し時間を潰してから遅れて会場に入ると、そこには大声を張り上げる人やはち切れんばかりの笑顔で話す人達が集う、異常な世界が広がっていた。既に冷静になっていた私は、そのムダに高いテンションについていけず、その会場から逃げるように帰ったことを覚えている。

 

 

さいごに

しつこいようだけど、本当に自己啓発自体は決して悪いことではなくてね、あくまでも行き過ぎた自己啓発ビジネスやそれに依存してしまう経営者がアカンということであって、挨拶や感謝の心は大事だと思うのよ。でもね、やっぱりどう考えても、この異常に高いテンションだけはいつまでたっても理解できないんだな。イベントの時だけならまだしも、常にこの調子だからね・・・関わりがなくなって本当に良かったと改めて強く思う。