読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

下町ロケットの佃製作所と同じくらい阿部寛のHPが地味な件

夢とか情熱の話 ドラマ・映画 メディア

f:id:no-self-enlightenment:20151207120445j:plain

なんだか流行っているようですね、「下町ロケット」

headlines.yahoo.co.jp

 

巨大な悪(大企業や既得権益)に立ち向かう、町工場が嫌がらせにも負けず夢を叶えるという、日本人が大好きな設定が視聴者の心を鷲掴みにしているようで、特に中小、零細企業の経営者にはたまらないストーリー。ま、私も数年前に池井戸潤氏の原作を読んだ時はもうマブタが腫れるほど泣きましたです、ハイ。

 

技術力で大手を凌駕する佃製作所は日本中の下請け工場が夢見る理想像なんだけど、その技術力は本当に地味な研究開発の繰り返しで、修正に次ぐ修正、試行錯誤を繰り返し、何度も何度も同じテスト繰り返した結果でもあるわけで、結果だけ見ると勘違いしそうになるけど、本当に地味な世界なんだよなぁ。

 

で、その佃製作所と同じくらい地味なのが主演を務める阿部寛のホームページ。

 

 

過去に何度も話題になっているので、既にご存知の方も多いとは思うけど、日本を代表する俳優とは思えない・・・というより普通の一般人のサイトと比較してもかなり地味なデザインで、初めて見る人は違う意味で度肝を抜かれるか、ひょっとしたら「間違った」と思ってブラウザを閉じてしまうかもしれない。

 

↓そんな阿部寛のホームページはこちら↓

阿部寛のホームページ

 

 昔、あるWEB業者が「ネットショップのデザインなんてあまり関係ない、まずはコンテンツが充実しているかどうかだ」なんて言っていたが、まさにそれはこういうことなのかも知れないな・・・。