読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

いつもキッチリ計画を立てていた私が、自己啓発を辞め目標を持たない生き方を選んだ理由

f:id:no-self-enlightenment:20151204002625j:plain

自己啓発では「目標」を持ち「計画」を立てることを推奨する。今日の自分より明日の自分が少しでも成長するよう行動することが基本で、日々、意識を高く持ち1日を無駄にしない生き方をしようと心がける。

 

 

自己啓発を今すぐやめよう!というタイトルのブログを書いている私だが、目標を持ち計画を立てること自体は否定はしない・・・というより良いことだとさえ思っている。しかし、自己啓発セミナーに通う、自称「意識高い」人たちを見ていると、熱い情熱とともに、とてもじゃないが叶いそうもない壮大な夢や理念、そして目標を持っている人が多い。

 

そんな彼らは「夢を叶えるためだから、今は辛くても仕方ない」「成幸するために諦めないで顔晴るしかない」と言うのだが・・・・

 

「それっていつまで我慢すればいいの?」

 

夢を持つこと自体良いことだし、これも否定する気はサラサラないが、その夢のため毎日辛い思いをしてSNSに「頑張れ自分!」と書き込んでみたり、自分のお金で買うのだから誰もとがめやしないのに、欲しいものを買った時に「自分にご褒美」とか言い訳をしてみたり。夢に向かって頑張っている自分がカッコイイと思っているのかもしれないが、それで本当に幸せな人生を送っていると言えるのだろうか。

 

 

今日を楽しく生きるという生き方

例えばその目標を「今日を楽しく生きる」にしてみてはどうだろう。これ、私自身がここ数年目指している生き方で、充実した今日を繰り返すことで将来的にも幸せになるという考え方。買い物に例えるなら先を見越して買いだめするのではなく、なくなってから必要な分を買いに行く・・そんな考え方。全てをそうするわけではないが、できる限り、直近のことだけを考えるようにしている。

 

 

目標達成のために逆算し進捗を気にする毎日

実は私自身も自己啓発にハマっていた頃は、とにかく目標や計画を立てることに熱心だった。1年の目標はもちろん、5年後、10年後の目標をきっちり決めて、その進捗ばかりを気にする日々を送っていた。目標を達成するためには今何をすべきか?と、逆算して考え、本当に今やりたいことを我慢して毎日を送っていた。しかし、数年前、やっと、それが自分を不幸にしている原因であることに気づき、今の「目標を持たない生き方」に切り替えた。

 

 

目標を立てていた頃より業績が上がり生活も充実

生き方を切り替えた途端、私は強烈な不安に襲われた。不安になってわかったのだが、私は幸せになるために目標を決めていたのではなく、不安をかき消すために目標を決め計画を立て行動していたのだ。計画をしっかり立てると毎日の行動が決められた通りに行動する「作業」になるから気が楽になり、なんとなく安心していられるからだ。ただ、今思えばそんな作業の毎日を送っていても業績など上がるわけもなく、皮肉なことに生き方を変えてから停滞していた会社の業績は少しづつ良くなっていった。あれほど計画を通りにすすめていてもダメだった業績がアップし始めたのだ。

 

 

 さいごに

 自分に合った生き方は人それぞれで、目標を持つ生き方が心地よい人もいると思う。ただ、大事なのは本当にその生き方が自分に合っているのかを見極めるチカラであって、それがイチバン難しい。ただ、もしあなたが立てた目標や計画のために大切な人が不幸になるのなら、遠い未来のために今を犠牲にして生きることが本当に自分に合った生き方なのかを自問自答する必要があるのではないだろうか。

 

「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)

「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書)