自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

ライフネット生命に来たインターン学生が名刺入力に飽きて2週間で辞めた話を炎上させるメディアの話

最近何やらネット界隈を騒がせているこんな出来事を皆さんはご存知だろうか。

 

news.livedoor.com

 

普段、あまりこの手の話題には興味がないのだけれど、Twitterであまりに話題になっていたので、ちょいと気になって詳しく調べてみたら、 要は、インターンシップを希望する学生が、ドアの前で待ち伏せをするほど熱心だったため、岩瀬社長がその熱心さ(しつこさ)に心を打たれ、希望を受け入れ、とりあえず名刺のExcel入力をお願いしたが、2週間経った頃に学生が「こんな仕事がしたいんじゃない、マーケティングの仕事がしたいんだ」と言って辞めてしまったという話。

f:id:no-self-enlightenment:20151203171458j:plain

 

 

すごく単純明快な話で、これでなぜ賛否が起こるのか疑問なんだけど、どうやらその「否」の意見の正体はこれらしい。

netgeek.biz

これね、一応読んでみたけど、もうイチャモン以外の何物でもない。そもそも、自分が炎上させてるのに、タイトルに【炎上】とか書いてて、もうこの記事書いた人、炎上させる気満々じゃない(笑)

 

炎上マーケティングを全否定するつもりはないけれど、ここまであからさまで狙いがバレバレってのはさすがに閉口してしまう。とりあえずは違った意味で炎上しているみたいだけど、今後はこのnetgeekをメディアとして誰も信用しなくなるリスクのほうが大きいと思うけどね。ちなみにnetgeekの記事ではこんなこと書いてます。

 

この出来事に対してnetgeek編集部は全く違う見方をした。

 

社長はやる気のある学生という労働力を確保したにもかかわらず、そのリソースを全く有効活用することができなかった。要するに結果が出せなかったという意味では完全に仕事の振り方を間違えた岩瀬社長のミスだと言わざるを得ない。それにもかかわらず、岩瀬社長はみじんも自分に責任があったとは考えずに学生が悪いと決めつけている。

 

はぁ?いやいや、「労働力を確保」って、まずこれインターン学生の話だから。どちらかというと企業が社会に奉仕しているわけだよ。そして、そもそも有効活用なんてする必要がないリソースなんだってばさ。いくら出版界で逆説的タイトルが定番化しているとはいえ、無理やり過ぎだよ、本当に。

 

しかも、最後にこの出来事とは全く関係ないライフネット生命の株価推移グラフなんか載せちゃって、悪意に満ち溢れた内容の記事と言わざるを得ない。このライターは個人的に岩瀬社長に恨みでもあるのだろうか。いや、むしろ恨みがあるほうが別の意味で記事内容を納得出来る気がするけれども。

 

netgeekさん、安い外部ライター使うのもいいけど、こんな記事アップしてたら、結局アクセス減っちゃうから気をつけてね、マジで。

え?「社内のライターかもしれないでしょ」って? だとしたら、せっかく労働力を確保したにもかかわらず、全く有効活用出来ていないのはnetgeekさんなのかもしれないね。

 

お後がよろしいようで。