読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

【自己啓発本】運を引き寄せるという他力本願的な行為について

「運を引き寄せる」とか「ツキを逃さない」なんて話を1度は聞いたことがあるのではないだろうか。

 これはね、もう、運とかツキとか言ってる時点で、完全に他力本願ってやつなんだけど、自己啓発のセンセイは、なんとなくキレイで前向きな言葉を組み合わせてそうは思わせないんだな。素直な読者はマジックにハマり、運やツキに頼ることがまるで良いことのように感じてしまうのだ。

 

 

でもね、普通に考えて大事な自分の人生を「運」とか「ツキ」とかに頼って生きるってマトモな話じゃないでしょう。宝くじでいつか億万長者になるって言っている人とそう大差ない。いや、自分のお金を投資しているだけまだマシか。

 

ツイてる、ツイてる」って連呼したところで、ツイてないものはツイてないし、本当に感謝もしていないのに、何かと言えば「感謝!」とか言ったって、運が引き寄せられるなんてことはありえない。もし、成功者が「あの頃の自分はツイていた」と言っていたのなら、あくまでもその人が人生を振り返った時の後付けの感想であり、それ以上でもそれ以下でもない。

 

まずは自分自身が努力を重ねることが何より大事なことだし、努力をしないでツキだけで成功したように見える人だって見えないところで必ず努力をしているものです。いや、むしろ成功する人は決して努力を表に出さない。それがプロフェッショナルだと理解しているから。

 

少なくともFacebookやTwitterで「今日も◯◯勉強会に参加」とか「学びをありがとうございます」なんて言って勉強会の集合写真をアップしている人に「本当のプロフェッショナル」は存在しない。

 

運とかツキなんかアテにしないで生きることが唯一の成功への早道。

お互いコツコツ頑張りましょう!

 

 

神さまがこっそり教えてくれた強運を引き寄せる47のルール (PHP文庫)

神さまがこっそり教えてくれた強運を引き寄せる47のルール (PHP文庫)

 

 

 

松下幸之助 強運を引き寄せる言葉 (PHP文庫)

松下幸之助 強運を引き寄せる言葉 (PHP文庫)