読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

【成功者の習慣】あなたがトイレ掃除を続けても成功なんかしないって話

50年以上も自主的にトイレ掃除を続けているという某有名企業の創業者。

高度成長期に稼ぐことばかりを考える社員の心を穏やかにするために、職場をキレイにしようと思ったことがきっかけだとか。誰もやりたがらないので1人で始めたものが今も続いているそうで、これ自体は本当すばらしいことだと思う。

 

ただ、問題はこの話を聞いて「心を揺さぶられました」とか言って感動して涙まで流し、人の嫌がることを率先してやることで周りを変えられると思い込み、早速トイレ掃除とかやっちゃう人。または社員にトイレ掃除を強制する経営者。

 

 

でもね、よく考えて欲しい。そもそもこの創業者は自分がやりたくて始めたわけで、自分はイヤではなかった。人は嫌がるかもしれないけど自分はやりたくて始めたわけで、だからこそ続けられたのだ。

 

会社の業績が右肩上がりになると、それが当たり前になり、傲慢になったり、自己中心的になり、感謝の気持ちを忘れてしまう。そうならないためにもトイレ掃除をするべきだと、この創業者は考えたのだろう。

 

しかし傲慢、自己中心的になり、感謝の気持ちを忘れてしまうのは、あくまでも成功してからの話。むしろ成功するためには時に傲慢であったり自己中心的でなくてはならないことのほうが多いかも知れない。

 

つまり成功者の習慣なんてものを聞いたところで、全くあなたの役に立たないのです。

 

アナタはアナタのやりたいことをしっかり継続し、まずは会社を成長させること。

目の前のことをコツコツとしっかりやるしかないのです。

 

そして将来アナタがいわゆる”成功者”になった時、アナタの習慣を聞きたがる人が現れたら、「私の習慣など聞いても何の役にも立たない」とやさしく教えてあげましょう。

 

 

鍵山秀三郎「掃除道」―心を磨くトイレ掃除 マンガでわかる!

鍵山秀三郎「掃除道」―心を磨くトイレ掃除 マンガでわかる!