読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

【自己啓発セミナー】「最幸の志事」「顔晴る」は、自己啓発にハマってるサイン

自己啓発セミナーの話 前向き言葉の話

「最幸の志事(さいこうのしごと)」「顔晴る(がんばる)」

 

今や自己啓発の定番と言っても過言ではない、SNSなんかで頻繁に目にする変な言葉。これだけでも怪しさ満点なのに、これが筆文字になった途端、破壊力が何倍にもなる。かくいう私も自己啓発にハマっていた頃、やはりこの筆文字にはかなりヤラれた口で、筆文字で書かれた”ありがたい言葉”を読むと、なんとなく元気が出たような気になっていた。

 

 

もうね、とにかくこういった当て字系の言葉を照れもせず平気で使っている人がいれば、絶対に距離を置くことをオススメしますよ。

 

確実に自己啓発に染まっている証拠だし、そんな人と付き合っていてもセミナーに誘われるだけ。そのうちアナタのことを「心友(しんゆう)」と呼び始めて「このDVDいいんだよ。」とか言ってきて、「いらない」なんて言ったものなら、買うまでそのDVDの良さを聞かされることになる。

 

そんなDVD見る時間あったら、昼寝していたほうが絶対いいから。

 

 

で、この手の人達のその他の傾向をまとめると、ざっとこんな感じ。

  • 「気」という字を「氣」と書く
  • 「◯◯の法則」的なタイトルの本が好き
  • 「ツキ」とか「運」が大好き
  • いつも言葉だけ「全力」
  • 本当はテンション低いのに「ワクワク」
  • 「夢」を語ることが大好き

 

ま、挙げればキリがないので、これくらいにしておくけど、とにかくこの手の人達は「高揚感」がほしいんだろうね。でも、こんな変な言葉使って生まれる高揚感なんて、たかが知れてるから、テンション下がる→また変な言葉を使う→高揚感→テンション下がる→また変な言葉を使う→高揚感というスパイラルに陥るわけだ。

 

 

もし、アナタ自身がこんな言葉を使っているなら今すぐ辞めて、周りにこんな言葉を使う人がいるなら、距離を置くことを強くオススメします。

 

簡単に手に入る「高揚感」なんて、何の意味もないのだから。

 

 

 

面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます

面白いほど成功するツキの大原則―ツイてツイてツキまくる頭の使い方教えます

  • 作者: 西田文郎,「元気が出る本」出版部
  • 出版社/メーカー: 現代書林
  • 発売日: 2001/11/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 11人 クリック: 86回
  • この商品を含むブログ (23件) を見る
 

 

ツキの最強法則―1日5分、7日で幸運がやってくる!

ツキの最強法則―1日5分、7日で幸運がやってくる!