読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

初めての「いきなりステーキ」はまずい上に遅くて高い、残念な結果になったという話

 

f:id:no-self-enlightenment:20170513220959j:plain

今さら感満載ですが、この前ついにというか、とうとうというか、そんな感じで「いきなりステーキ」に行ってきました。絶対に行かないと決めていたのだけど、メディア戦略にまんまと乗せられ行列にならんでしまったわけでございます・・・。

まずはカット場にてヒレステーキ300gを注文

もう皆さんご存知だとは思いますが知らない人のために一応、食べるまでの流れを説明すると、行列に並び、順番が来たら店内に入り、席についた後、番号札を持って「カット場」へ向かいます。カット場では肉の種類と希望のグラム数、焼き方を伝えるのですが、太りたくない私はヒレステーキ300gをレアで注文して一旦席に戻りました。

 

いつまで経ってもこないビールとサラダ

席に戻ってしばらくしてもカット場に行く前に注文したビールとサラダが来ないので少々イライラ。「多分、ステーキと一緒に来るシステムなのだろう」なんて相方と話し、心を落ち着かせていたら後から入店した人達にどんどんビールが配膳されているではないか。結果的に私のビールとサラダはヒレステーキとほぼ同時に来たのだが、単細胞な私は肉が来たことで全てのイライラが吹き飛び、早速ヒレステーキにかぶりついた。

f:id:no-self-enlightenment:20170513222720j:plain

 あれ、レアって言ったのに焼きすぎてない?

しかし、ここで一旦私の動きが止まる。なんだか見た目が私の知ってるヒレステーキのレアとは違うからだ。

f:id:no-self-enlightenment:20170513223202j:plain

これ、どう見ても焼きすぎだよね・・・。で、実際に食べてみるとやっぱり硬い。筋がたくさん入っていることもあるのだろうけど、私が今までの人生(49年)で経験したヒレステーキのレアとは全く違う食感だ。

f:id:no-self-enlightenment:20170513223316j:plain

肉の断面はすぐにわかるくらい筋だらけ(笑)

 

お会計で怒りがマックスレベルに到達

一応、来年50歳になる大人なんで、「まぁ、チェーン店なんてこんなもんだろう、コストを抑えて低価格を実現しているのだから・・・」と自分に言い聞かせ、心を落ち着かせてお会計へ。しかし、せっかく落ち着かせた心も会計金額を聞いた途端、一気にマックスレベルに到達。こんなマズイ肉でなんと二人で6,829円?!「おいおい、いくらビールを2杯飲んだからってこれはないだろう!」と、心の中で叫ぶ私。ちなみにビールは1杯480円。2杯で960円だから差し引くと5,869円。あの肉のクオリティでこの値段はやっぱり高いよなぁ・・・。

 

まとめ

実は普段、ブログで飲食系をディスるような記事は書かないようにしている。というのも味なんて千差万別で、私がまずいと思っていても美味しいという人もいるのが当たり前だし、実際、食べログで星が5つでランキング上位常連の店でも食べてみたら美味しくないなんてことは普通にあるからだ。だけど今回は食べた後にいきなりステーキに行くメリットが何一つ見出だせなかったし、同金額でもっと美味しいステーキを食べられる店はいくらでもある。このクオリティで価格が今の半額だったらこんなに怒ることもなかっただろうなぁ・・。

f:id:no-self-enlightenment:20170513230328j:plain

ドレッシングもシャバシャバでした(泣)