読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自己啓発を今すぐやめよう!

自己啓発にのめり込んで人生をしくじった経験を教訓に、ゆるい生き方を実践中。日々のコトなど思いついたことを綴っています。

 

パソコントラブルで困ったときだけ連絡してくる人と付き合いをやめた方が良い理由

自分で調べない人 ひとりごと

 

f:id:no-self-enlightenment:20170120234041j:plain

私はパソコンやメカに詳しい人とよく言われる。そんなこともあり、昔から様々なトラブルの相談を受け、解決法を伝えても理解出来ない時は困っている人の会社まで出向くこともあった。しかしある日を境に相談を断るようになると笑ってしまうくらい誰からも連絡がこなくなったのだ。

 

結局、代わりにググっているだけ

人の役に立つならといつも笑顔で引き受けていたボランティアだったが、ある時、自分の知識では対応できないことを相談され解決策を調べていた時にふと「これって代わりにググってるだけだよね」と気づいてしまう。相談相手がネットの繋がらない環境にいるならまだしも、自分と同じ環境にいて、なぜ私がググらなければならないのか疑問に感じてしまったのだ。

 

 

相談してくる人達の共通点

f:id:no-self-enlightenment:20170120233648j:plain

そう思い始めた私は、相談してくる人達のある共通点に気づく。彼らはパソコントラブルに限らず、何もかも自分で調べようとしないのだ。だから解決策を提示してもしばらくするとまた平気で同じことを聞いてくるし、「それ、前にも教えたよね」って言っても、全く気にする様子もなく、しばらくするとまた同じことを聞いてくる。

 

電話でMacのディスクの排出方法を聞かれブチ切れる

f:id:no-self-enlightenment:20170120234109j:plain

そんな疑問を感じていたある日、ある社長から携帯に電話が入る。ランチも食べられないくらい忙しく仕事をしていた私が電話に出ると「ちょっと聞きたいことがあるんですけど〜」と某社長。仕事のことかと思い「何でしょう?」と聞くと「Mac買ったんだけど、CDの出し方がわからない」と、まさかの初歩的な質問。そんなもん、ググれば一発だし、そもそもAppleのサポートに聞けばいいじゃんか!

 

自分にとって必要な人達ではないと気づく

この出来事がきっかけでパソコン関連の全ての相談を「わからない」の一言で断るようになったのだが、面白いことに断った人達からその後、全く連絡がこなくなった。そしてしばらく経って私は連絡が来なくなった数名の人達は自分にとって全く必要のない人脈であったことを悟ることになる。なぜならば、私自身、全く困ることがないどころか、振り回されていた時間を自分のために使えるようになったからだ。

 

常にこちらが奉仕する状態が続く付き合い

全ての人付き合いがギブアンドテイクではないのは承知しているが、自分で調べずに人に聞く、自分で覚えることをしない人達と付き合うと、常にこちらが奉仕する状態の付き合いが続く。しかも全く学習しないからそれが永遠に続くのだ。つまりどんなに親切にしても、長く付き合っても、自分が得られるものなど何もない。今更ながらそんなことに気づいた私だった。

 

さいごに

その後、私に連絡しなくなった数名のうちの1人が、困った時に無料で何でもお願いできる別の人を見つけたようだと知人から聞いた。そうなるだろうと予想はしていたが、つまり無料で何でもお願いを聞いてくれる人なら彼らは誰でもよかったのだ。その話を聞いて、私は今、そんな人達と付き合いを辞めて本当に良かったと確信している。